スポンサードリンク



108 海馬五郎の復讐と冒険の原作はとんでもないエロ小説だった

スポンサードリンク



このページでは、映画 108 海馬五郎の復讐の原作について記しています。

80年代のアイドルでもある中山美穂が出演する映画『108 海馬五郎の復讐』

今回、中山美穂は浮気妻の役を演じる事になります。

映画の公開は2019年の秋ごろですが、この映画の元になる原作本はあるのか気になったので今回探してみることにしました。

原作ではどんなストーリーになっているのでしょうか

108 海馬五郎の復讐と冒険の原作はこれ

今回公開される映画の原作はこちらの本になります。

出版は2018年11月22日とわりと最近発売されたものでした。

という事で早速アマゾンでポチって108 海馬五郎の復讐と冒険の原作を読んでみました。

108
created by Rinker
¥1,620 (2019/09/20 16:33:48時点 Amazon調べ-詳細)

108 海馬五郎の復讐と冒険の原作はとんでない官能小説だった

あらすじ

名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻、綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。あまりのショックに離婚を考えるが、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知り、さらに大激怒。妻の“不貞”に支払わなくてはならない資産1000万を、自らの“不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬は、綾子がSNSに投稿した写真についた108もの“いいね!”の数だけ女を買いまくる…。

大まかなあらすじはヤフーニュースを見てしっている人も多いかと思います。

原作本も今回の映画のあらすじとまったく同じでした。

実際に原作を読んだ感想は、官能小説も顔負けのエロと変態のオンパレードでした。

いやいや・・・ いくらR18映画だからってこの内容をやっちゃっダメでしょって感じです。

ハッキリいってAVよりも過激だしかなりヤバイぐらい変態内容に仕上がった原作です。

そもそも本の表紙もよくみたら、女性の体位ばかり..

とにかくどこでも関係なしにヤリまくるのが108 海馬五郎の復讐の原作でした。

父親の臨終に二人羽織でセックスしたりと常識ではぜったにやらない変態行為集って感じでした。

もしかして中山美穂のヌードシーンが見れたりする?

今回、中山美穂が演じるのは元女優の妻、綾子

この役をあの中山美穂が演じるのでしょうか・・・

映画が、108 海馬五郎の復讐と冒険の原作通りに進むのであればかなり過激な役になると思うのですが、もしかして中山美穂のベッドシーンやヌードなんかも見れるのでしょうか・・

失楽園のエロさや過激さを超えていく?

当時、失楽園を初めてみたときはかなり突っ込んだなぁって思いましたが今回の『108 海馬五郎の復讐と冒険』もかなり攻めた内容に仕上げてくるのでしょうか・・

R18映画なので流石にエロ表現や官能部分がゼロって事はないでしょがどこまで来るのか楽しみです。

中山美穂はアイドル時代にも脱いでいた?!

40歳以上の人なら全員知っていると思いますが中山美穂はアイドル時代にTV番組でお色気シーンをやっているんですよね。

当時はトップアイドルが下着姿やお色気シーンを演じたという事でかなりの話題にもなりました。

もしかしたら今回の映画でも中山美穂のそんな姿が見れるのかもしれません・・

当時ミポリンのファンだった人にとっては目が離せない内容の映画になるのかもしれません。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です