スポンサードリンク



山田ルイ53世が書いた本ってどれ?コラム連載や新聞の寄稿が読んでみたい

スポンサードリンク



このページでは、山田ルイ53世さんの出版した本やコラム、新聞について詳しく記しています。

ルネッサ~~ンス

で知られる一発や芸人の山田ルイ53世ですが実は本を3冊も出版していたんです。

ネットのコラム連載や新聞・雑誌への寄稿(きこう)など物書きとして活躍しており、ある意味本業のお笑い芸人よりも活躍していたりします。

今回はそんな、山田ルイ53世さんがどんなものを書いてきたのか一つにまとめてみました。

山田ルイ53世さん著書 4冊の本と口コミ評判

created by Rinker
¥1,404 (2019/08/18 16:12:54時点 Amazon調べ-詳細)

2019年1月4日発売

 

created by Rinker
¥1,404 (2019/08/18 16:12:55時点 Amazon調べ-詳細)
山田ルイ53世の書くコラムのファンだったので購入しました。内容は期待を裏切らないもので満足しています。

個性的な芸人のことをとても魅力的に書いています。

山田ルイ53世さんの声で脳内されて、スルスル読めた。こういう独特のしゃべり方を活かした文体というのは難しい。書き慣れてないと、固くなったり大げさになったりしがちなので、書き手のレベルが相当高いか、もしくは編集サイドの適切なバックアップがあったはず。
控え目に言っても素晴らしい、力作。以前からネット上のコラムで「書くのが上手い芸人さんだ」と思っていたが、思わず唸ってしまうようなドキュメンタリーだった。

 

created by Rinker
¥734 (2019/08/18 17:22:34時点 Amazon調べ-詳細)
貧乏、ヤンキーなどの芸人の生い立ち本は読みましたが、引きこもりをテーマにしたのは初めてでした。一気に読むぐらい面白かったです。
ネット発言の「なんにも取り柄がない人間が、ただ生きていても、なんにも責められへん社会、いうのが正常です」をきっかけに読んでみました。読んでよかったです。
超面白い。笑える、泣ける、子育てと人生の参考になる。読み終わった後の率直な感想はこれでした。普段本を読まない人でもすらすら読めるのでおすすめです。

 

created by Rinker
¥930 (2019/08/18 16:12:56時点 Amazon調べ-詳細)
中年男こそ読むべき1冊でした。普段目をそらしている部分などがよく見えてくる1冊です。
山田ルイ53世の体験談というよりもハウツー本みたいな感じでした。これなら他の本のほうがいいかな

オススメは一発屋芸人列伝

山田ルイ53世さんが出している本でどれを読んだらいいの?って迷っている人には一発屋芸人列伝がおすすめです。

出版している4冊の本の中で一番口コミ件数が多く評判の良かった本だからです。

山田ルイ53世さんのコラム投稿

山田ルイ53世さんは実は定期的にネットのコラム記事も書いていたりします。

2015年12月から2019年1月までに書いたネットコラムの数17記事あり、多いときでは10万回人読まれるぐらい人気があります。

コラムのネタは主に1発芸人の心の心情や悩みなんかを書いています。
それがリアルでそして身近に感じるので1つ読んでみるとどんどんと引き寄せられていく魅力があります。

芸人よりもこっちの道のほうが素質あるんじゃないの?って思ってしまいました。(笑

 

6年間のひきこもりを語った新聞記事

この新聞記事を読んで、山田ルイ53世の見方が変わったという人も多いぐらい影響を与えた記事です。
記事の内容は6年間引きこもることになったきっかけなどが書かれています。

読みやすいように拡大しているので是非一度読んでみてください

読み終わったあと山田ルイ53世さんのイメージがちょっと違って見えるはずです。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です